薄毛になっても諦める必要はない

01/16/2020 投稿者: mamako

よく親が薄毛だと子供も同じような症状が出やすいと言われています。たしかに身内からの遺伝も薄毛の原因の一つであるのは確かです。ただし百パーセントそうであるかと言われれば、実はそうでもありません。

ベルタヘアローションを辛口評価!

というのも、親が薄毛でも子供はそうでもないというパターンも確実に存在しているからです。それでは他にどんな原因が薄毛の原因になっているのでしょうか。

その事についてはさまざまな説があるようですが、おそらくは体質や環境による物がかなり影響しているというのが有力であるようです。なぜなら男性の薄毛には男性ホルモンが大きく関係していていて、これの増減が薄毛の症状を引き起こすということがまずわかっています。また自己免疫の働きで、毛根にある細胞を攻撃してしまいその結果として薄毛になってしまうというのもあります。

これらの状態は、遺伝だけではなく本人の生まれつきの体質や生活環境により左右されるところが大きいといわれています。そういった後天的な要因が薄毛の元になっているのなら、原因となっている体質や環境を取り除くことによって薄毛が治る見込みも出てくるでしょう。

したがって薄毛に悩んでいる方は、遺伝だからと諦めずに必要な治療を受けてみることをすすめます。そうすることで症状が改善し、新たな人生の道が開けることもあるかもしれません。