健康的にやせるいは、まごわやさしいです。

12/08/2019 投稿者: mamako

いつも「ダイエットをしなければ!」と悩んでいる方は、食事の量を減らしたり、糖分を控えると考えがちだと思います。

そこで「ダイエットは食べる事から始める」との食事に関する昔からのダイエット法が、また注目されていて、とても人気があるそうなので、そのダイエット法をご紹介したいと思います。

ギュギュギュの私の口コミ評価!話題の骨盤コルセットは効果なし?

2013年12月に和食が「ユネスコの無形文化遺産」へ登録され、注目を浴びています。

また、世界の人からみた和食のイメージは「ヘルシー・健康的な食事」というイメージから和食が高く評価されています。

ダイエットをしたい人の食事を調べると、ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しています。

そこで健康的な食生活に必要とされる、昔からの言葉「まごわやさしい」です。

「ま」=まめ(豆類・豆製品)

「ご」=ごま(種実類)

「わ」=わかめ(海藻類)

「や」=やさい(野菜)

「さ」=さかな(魚介類)

「し」=しいたけ(キノコ類)

「い」=いも(イモ類)

これらの7群の食材をできるだけ1日の内に摂り入れる事を心掛けてください。その結果、痩せた人が多数いるそうです。

以上で、「太らない食べ方」についてでした。

「まごわやさしい」は昔からの食の言葉です。

初耳の方やご存知の方でも、体型などを気にされているのであれば、文化遺産にもなった日本の和食を積極的に摂り入れて、毎日の食生活を楽しんでいただき、理想の体型を目指しましょう。